競馬初心者にお薦め「パラサイト競馬新聞」。馬券で副業テレワーク!

初心者向けの枠連ワイド予想に特化した競馬予想ブログです

【第163回天皇賞(春)GⅠ】の予想。ディープボンドの対抗馬は?

第163回天皇賞春の馬柱6枠12番ディープボンド

2021年5月2日に阪神競馬場で行われる【第163回天皇賞(春)GⅠ】の予想を紹介します。

この記事は、本日と日曜日昼の最終予想の2部構成です。

レースの条件は、阪神競馬場 3200メートル(芝外→内)定量 4歳以上オープンです。

天皇賞(春)の過去データ分析

天皇賞(春)は例年京都競馬場で行われていますが、今回は阪神競馬場です。

なので過去データは阪神競馬場3000mのコースで行われたレースを見ていきます。

阪神の芝3200メートルは1周目に外回りコースを走りますが、2周目は芝3000メートルと同じく内回りコースに入ります。

そこで芝3000メートルで行われる阪神大賞典について、2011年から2020年の10回における2周目4コーナーの通過順別成績を調べてみると、延べ10頭の優勝馬はいずれも2周目4コーナーを4番手以内で通過していました。

これは偏ったデータなので重視できるのではないでしょうか?

また、京都競馬場で行われた過去10年の天皇賞(春)でも2周目の4コーナーを4番手以内で通過していた馬が〔6・6・5・30〕と3着以内馬の半数以上を占めており、長距離戦ではコースにかかわらず最終コーナーを前めの位置で通過した方が勝機が増すと考えられますね。

このようなレース運びができるかどうかの判断基準となるのが前走における4コーナーの通過順です。

過去10年の優勝馬のうち延べ8頭は前走の4コーナーを4番手以内で通過していました。

4番手以内

8-5-5-58

10.5% 17.1% 23.7%

5番手以下

2-5-4-78

2.2% 7.9% 12.4%

データ該当馬

特別登録の段階で過去データに該当する馬は9頭いますが、阪神大賞典を勝って天皇賞春に臨んだ馬の成績は、(2-0-3-4)で複勝率は55.6%です。

該当馬>>ディープボンド

それ以外の阪神大賞典組の成績は、

(3-2-5-47)勝率5.3% 連対率8.8% 複勝率17.5%

阪神大賞典からは>>ユーキャンスマイル・ナムラドノヴァン・アリストテレス・シロニイ・メイショウテンゲン

太字は第4コーナー通過が4番手以内。

 

また、好走率では大阪杯(GⅠ)から参戦した馬がとびぬけています。

( 3-3-0-7) 勝率23.1% 連対率46.2% 複勝率46.2%

該当馬>>なし。

 

あとは、日経賞です。

(2-2-3-44) 勝率3.9% 連対率7.8% 複勝率13.7%

該当馬>>ウインマリリン・カレンブーケドール・ワールドプレミア・ジャコマル・オセアグレイト。

太字は第4コーナー通過が4番手以内。

今回は大阪杯組が0頭なのでどうなるか?ですね。

 

併せて読みたい予想記事↓↓

日曜日最終予想

では、最終予想を発表する前におさらいをしておきましょう。

1、ディープボンドの複勝率は55.6%(阪神大賞典優勝)

2、先行馬(前走4コーナー通過4番手以内)は複勝率が高い。

阪神大賞典から2頭、シロニイ・メイショウテンゲン。

日経賞から4頭、ウインマリリン・ワールドプレミア・ジャコマル・オセアグレイト。

この7頭のワイドボックスで当たるはず!いや、当たるんじゃないかな?ま、ちょっと覚悟はしておけ。。。(関白宣言byさだまさし)

では、もうちょっとお待ちくださいませ。買い物に行ってきますので。

本命◎⑫ディープボンド

対抗〇①ワールドプレミア

単穴▲⑤ディアステマ

惑星☆⑰オーソリティー

押え△⑮オセアグレイト

   ③カレンブーケドール

   ⑭ウインマリリン

です!

今回ワイドなら

⑫ー③、⑫ー②

①ー⑰、①ー⑤

3連単はご自分で。

グッドラック!