競馬初心者にお薦め「パラサイト競馬新聞」。馬券で副業テレワーク!

初心者向けの枠連ワイド予想に特化した競馬予想ブログです

第23回チャンピオンズカップ(GⅠ)2022の予想。本命 サインは、7枠⑬と3枠⑥

チャンピオンズカップ2022

第23回チャンピオンズカップ2022の予想

2022年12月4日(日曜日)に中京競馬場で行われる第23回回チャンピオンズカップ2022の予想です。

ダートのJRAGⅠレースを制するのはどの馬なのか?

気になるデータや予想家の予想、競馬サインなどを分析して本命馬や馬券になる確立が高い馬を決めていきます。

チャンピオンズカップの過去データ

チャンピオンズカップの過去データを紹介します。

①過去1年以内にダートGⅠ・JpnⅠを優勝していた馬が有力

過去8年の優勝馬のうちサンビスタを除く7頭には、過去1年以内にダートGⅠ・JpnⅠの優勝実績がありました。

例外となったサンビスタも、約1年1か月前にJBCレディスクラシック(JpnⅠ)を優勝していました。

過去8年で1番人気が2勝しか挙げていない難解なGⅠだけに、人気に関わらず過去1年以内のGⅠ・JpnⅠ実績を重視してみては?

②JBCクラシック優勝馬が苦戦

チャンピオンズCの最有力ステップはJBCクラシックであります。

しかし、JBCクラシックの優勝馬の成績は【0・1・0・6】と苦戦しており、1番人気に応えられなかったケースも少なくないです。

前走でJBCクラシックを勝ったからという理由だけでは信頼できないようですね。

③前走JBCクラシック5着以下は来ない

前走がJBCクラシックで5着以下だった馬は3着以内に入っていません。

1着0-1-0-6  0% 14.3% 14.3%

2着0-0-1-4  0% 0% 20.0%

3着2-1-1-3  28.6% 42.9% 57.1%

4着2-0-0-3  40.0% 40.0% 40.0%

5着以下0-0-0-11  0% 0% 0%

④過去1年以内にダートGⅠ・JpnⅠを優勝していた馬

過去8年の優勝馬のうちサンビスタを除く7頭には、過去1年以内にダートGⅠ・JpnⅠの優勝実績がありました。

例外となったサンビスタも、約1年1か月前にJBCレディスクラシック(JpnⅠ)を優勝していました。

過去8年で1番人気が2勝しか挙げていない難解なGⅠだけに、人気に関わらず過去1年以内のGⅠ・JpnⅠ実績を重視しては?

該当馬

テーオーケインズ  JBCクラシック優勝(過去8年でゼロ)

ノットゥルノ    ジャパンダートダービー優勝(過去8年で2頭)

チャンピオンズカップ2022の競馬サイン

チャンピオンズカップ2022サイン

上の写真はJBCクラシックを勝った『テーオーケインズ』です。

この時の枠と馬番号は7枠⑬番でした。

プライムサイン

テーオーケインズと7枠と⑬番です。

サブプライムサイン

サブプライムサインはありません。テーオーケインズしか写っていませんからね。

サブのサブプライムサイン

チャンピオンズカップサイン2022その2

写真はジャパンカップを勝った、ヴェラアズールです。

なので、3枠と⑥番がサブのサブプライムサインです。

実は右後ろに6枠⑪番のカラテも写っています。

サインまとめ

今週のサインは、

本命→テーオーケインズ。

数字→7,133、6です。

おまけ→⑥枠⑪

チャンピオンズカップ2022の最終予想

※最終予想は日曜日昼頃発表します。

予想家の予想

アンカツ (騎手)

やーしゅん(馬体)

水上   (血統)

コージロー(調教)

JRA分析(統計)

塚越   (穴党)

境    (血統)

芸人S氏 (死筋)

競馬サイトのデータ

仕上  

データ 

適性  

最終決断

本命◎

対抗〇

単穴▲

惑星☆

買い目

ワイド・馬連

 

 

枠連

 

 

3連複・3連単

 

 

では、グッドラック!